環境分子化学分野

東北大学大学院環境科学研究科 先端環境創成学専攻 環境創成計画学講座

研究内容

Sustainable Society の実現を目指し、環境に適合した機能性分子、すなわち環境分子やその混合物を利用し、化学工学的高次システムの創成へと展開しています。具体的には、天然/合成化合物を目的に応じて有効活用するための環境分子やその混合系を熱力学や移動現象論に基づいて新たに設計しその溶媒機能を検証しています。 バイオマスの有効利用技術の開発にも研究を応用展開しています。その根幹となる基礎物性の測定はもとより、無次元数等を用いた理論体系化も実施しています。最終製品は、医薬食品や飲料のみならず化粧品や香水、化成品等幅広い用途に展開できます。

担当教員:准教授 大田 昌樹 (兼担 工学研究科附属超臨界溶媒工学研究センター)

What's New!

  • 令和3年 (2021年) 4月に大学院生2名が配属される予定です

  • 平成31年 (2019年) 4月に研究室が発足しました